RSS | ATOM | SEARCH
20年間のありがとう〜☆

 

 

VWbeagle『メグの成長記録』は、

この記事が、最後の投稿です。

長い間、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ・:*:・☆ Merry Christmas ☆・:*:・

 

 

愛車が「ビートル」で、1字違いの「ビーグル」を

飼うことになりました。

そして迎えた、ベス(beth)&メグ(meg)との生活が、

20年です。

我が家のベス&メグと、仲良くしていただいて、

可愛がっていただいて、ありがとうございました。

いろんな所へ、一緒におでかけもして、

とても楽しい20年でした。

私達とワンちゃんとの生活は、これで終わりです。

本当に、ありがとうございました。

 

みなさん、素敵なクリスマスをお過ごし下さいね。

そして、よいお年をお迎えください。

author:ミント
comments(3) -
メグ、安らかに

メグは、12月9日(日曜)午前6時50分頃、

天国へ旅立ちました。

12歳6ヶ月6日でした。

 

可愛がっていただいて、仲良くしていただいて

ありがとうございました。

ワンちゃん達も遊んでくれて、ありがとう。

VWのイベントなどで、ご一緒したみなさん

ありがとうございました。

 

お家で最期を迎えることができて、よかったです。

動物病院の先生、スタッフのみなさん

大変お世話になり、ありがとうございました。

 

頑張っていた頃の一枚 <12月7日撮影>

 

一戸建ての家を購入して、ビートルに乗っているから

ビーグルを飼うことになりました。

(男飼い主の「ミ」の思いですが・・・)

ベス&メグとの生活が、20年です。

楽しかった。

たっくさん、たっくさん、大変なこともあったけど

それ以上に、楽しかったです。

 

 

9日(日曜)の午後、最期のお別れです。

そして、最後のドライブです。

 

名古屋市八事霊園「死亡動物の火葬」

ベスと同じ場所です。

 

最初に、管理事務所受付で、手続きをします。

料金は、2200円です。

 

今回、ベスと違っていたのは、係員の方がいらして

骨は拾うことはできないけど、立ち会えました。

 

 

 

 

 

 

 

動物慰霊碑が近くにあって、骨や灰はそこに

埋められることを教えていただきました。

ベスの骨や灰も埋められたようでした。

・・・・知らなかった。

よかった。

また一緒に、いられるんだね。

 

 

ホントに、ホントに、ホントに、さよならです。

 

メグちゃん、さよなら。

 

メグちゃん、大好きなベスが待ってるよ。

 

メグちゃん、ベスによろしくね。

 

メグちゃん、空を見上げてみたよ。

 

 

メグちゃん、ありがとね。

author:ミント
comments(1) -
メグの闘病生活

メグは、闘病生活を送ってました。

「え?!あたし、病気なの??」

「吐いちゃうけど、元気だよ。」<11月19日撮影>

 

体重が減って、お顔から痩せていきました。<11月26日撮影>

 

 

11月になって、「吐いたりすることが、多い?かな?」

「う○ちが、軟便?だなぁ〜。」って思ってました。

お散歩は、いつものように元気で、楽しそ〜だし、

食欲は、モリモリばっちりあるし、

とりあえず、朝夕2回から、朝昼夕3回の食事に、

変更してみました。

 

11月10日〜13日にかけて、東京方面に行きました。

11日&12日の2日間、それぞれ1回、走行中の車内の

ケージの中で吐きました。

「車酔いしたのかな?最近はなかったのにな〜。」

「9月に、広島へ行った時は、大丈夫だったのに。」

東京から帰ってからは、16日(金曜)、朝ご飯の後に、

しばらくして、吐きました。

う○ちは、軟便?or普通が、続いてました。

「うーん。獣医さんで、診てもらった方がいいかな?」

「やっぱり、原因がはっきりした方が、安心だよね。」

獣医さんに、電話を入れて、午前の予約が取れました。

 

 

先生に、今までの、状態や症状を説明して、

『エコーを撮ってみようか・・・・』

『吐くのは、何か?原因があると思うよ。』

 

『肝臓がキタナイね。右脇腹にも、何か?あるね。』

『レントゲンを撮っても、いいかな??』

ドキドキしながら、待合室で、待ってました。

「肝臓がキタナイ・・・腫瘍なのかな・・・」

レントゲンは、問題なく、大丈夫でした。

『肝臓の状態を詳しく調べるには、CT検査が必要。』

『どうするか?ご主人と相談して、19日(月曜)の

再診の時に、返事をもらえるかな。』

 

 CT検査は、麻酔をかけての検査になる。

◆仝〆困琉戮法¬掌轍飴堝發?愛知県半田市か?

  動物病院まで行くことになる。

 半田市の病院なら、勤務医の先生が付き添って

  送迎もしてもらえる。

飼い主のふたりで、相談して、CT検査をすることに。

21日(水曜)に、半田市でCT検査の予約をしました。

勤務医の先生に、付き添いと送迎もお願いしました。

だけど、20日(火曜)、朝ご飯をほとんど食べない。

それを、まもなく、すべて吐く。

息が荒い、ガタガタ震えてる、熱っぽい、、、etc

「な〜んか、こんな状態で、CT検査は、大丈夫かな。」

「車で行くし、麻酔をかけるし、心配だなぁ。」

「でも、肝臓の状態は知りたいし、今後の治療にも。」

・・・結局、CT検査の予約は、キャンセルしました。

 

留守にした時や寝る時は、心配なので、サークルを

出しました。

 

その後は、今まで食べてたカリカリフードは、

食べなくなり、処方食の缶詰も食べなくなり、

26日(月曜)から最後まで、低脂肪のミルクを

注射器で飲ませてました。

 

 

 

 

ささ身、豚肉、じゃがいも、お米、りんご、お豆腐、

かぼちゃ、パン、ヨーグルト、さつまいも、、、etc

『何でもいいから、食べさせてあげて!』

『好きなものを食べさせてあげて!』って

言われたけど、なーーんにも食べない。

ビーグルが、、食いしん坊のビーグルが、です。

 

「吐く」ということが、1日or2日置きぐらいにあって

そうすると、吐き気止めの注射や点滴の治療に、

その度に、通院してました。

寒いので、自転車後ろカゴに、毛布に包まれて乗ってます。

「ガンバレー!!」ビーグルちゃんも応援してくれてます。

 

 

 

 

 

体重は、11月16日<9.2kg>19日<9.05kg>

24日<8.95kg>25日<8.9kg>29日<8.2kg>

12月2日<7.9kg>5日<7.7kg>8日<7.45kg>

あっという間に、減っていきました。

 

階段で寝てるのが、好きでした。<12月1日撮影>

 

階段の上り下りができなくなって、玄関にいることが

多くなりました。<12月5日撮影>

 

12月5日(水曜)の診察で、先生は、

 (⊃紊溜まっている。

◆ヾ梁,ら、出血してるかもしれない。

 お別れするのが、近いかもしれない。

ぁ|箸くして、過ごしてあげてね。

ァ‥任気が治まって、食べてくれるといいね。

Α 愆萃イ襪鵑世茵』頭をナデナデ。

 

12月7日(金曜)の深夜24時前後、

2度続けて吐いた物に、血が混じってる?茶色い。

 

12月8日(土曜)の診察の予約は、

午前の最終だったけど、朝イチで電話を入れて、

昨日の状態を伝えたら、

『今から連れてきてもらって、預かって、治療して、

 午後にお迎えできる?』

「無事に、お家に、帰ってこられますよーーに。」

祈りながら、お迎えの時間まで、過ごしてました。

迎えに行って帰る時、顔なじみのスタッフさんが、

『メグちゃん♪♪』って、頭をナデナデしたら、

『シッポを振って、ご挨拶してくれた。』

『いつものゴロン♪♪じゃなくて、さびしい。』って

とっても嬉しく、ありがたい言葉をもらいました。

スタッフのみなさんには、いつも、いつも、いつも、

可愛がってもらっていたので、感謝です。

 

帰宅後は、ソファで一緒に過ごしてました。

ずーとナデナデしながら、過ごしてました。

 

12月9日(日曜)の午前6時頃から、

息が浅い、、息がゆっくり、、息してる???

そんな感じが続いて、

すーーと、すーーーと、すーーーーと、

苦しむことなく、メグとのお別れでした。

時計を見たら、午前6時50分でした。

 

お家で、最期を過ごせてよかった。

お別れの時、一緒にいられてよかった。

(ベスの時は、帰ったら死んじゃっていて

最期を看取ったのは、メグだったから。)

 

またまだ、一緒にいられると思っていたのに、

寂しいし、哀しい、です。

でもね。楽しい生活を送ることができました。

メグちゃん、ありがと。ありがとね。

author:ミント
comments(1) -